ブログトップ

笑味の店

eminomise.exblog.jp

はちどり騒動

a0234178_16371660.jpg
a0234178_16382456.jpg

最近、長い嘴をもつ小さな生物が、畑舞堂入り口のニトベカズラに群がり、熱心に蜜を吸っています。(写真上・中央上部)スタッフのひとりが「あれは世界最小の鳥・ハチドリだ!」と大興奮。
早速笑子さんに報告したところ、「あれはただのブンブンよ!この辺りじゃちっとも珍しくないよ。昔からいるさ」とそっけない反応。しかしスタッフは「いや、あれは絶対ハチドリである!」と主張し、笑子さんとの意見の対立に盛り上がりを見せました。
近隣の人に聞いたところハチドリなど聞いたことがない、など笑子さんと同様の反応。
とうとう笑子さんより「そんなに言うなら写真を撮ってしかるべき機関で検証してもらおう」という提案があり、早速ファインダーを覗いたところ、相手の動きがあまりにもすばしこいのに加えて、超高速スピードの羽ばたきでうまく撮影できませんでした。
そうこうするうち、ネット上でハチドリに似た蛾の仲間であるヒメクロホウジャクまたはオキナワホウジャクの存在を確認。写真をチェックすると。。。実はスタッフが見ていた世界最小の鳥はヒメクロホウジャクであることが判明。(とほほ。。。)今回の勝負は笑子さんに軍配があがりました。。。
ニトベカズラにはほかにもいろいろな虫が集まってきます。笑子さん撮影の優雅な蝶をはじめとして、アオスジアゲハほか様々な種類の蝶が一斉に群れを成しています。筆者は3mほどの植樹に20羽をゆうに越す蝶の大群が集まって一生懸命に蜜を吸っている光景を目撃します。それはそれは幻想的ですよ!やんばるはこのように自然からの贈り物に満ちたところです。
[PR]
by eminomise | 2011-10-10 16:34
<< 世界のウチナーンチュへのアンダギー 玉城さんのからぎ茶 >>