ブログトップ

笑味の店

eminomise.exblog.jp

大宜味村大兼久のハーリーが開催されました。

おはようございます。

本日は前回の明瀬が担当いたします。

沖縄では、梅雨が到来いたしまして、最近は雨が多いです。

今日の朝も、お店のほうへ向かおうとWWOOFer邸を出た途端、

ざぁぁぁと激しい雨が降ってきました。

私は雨女のようです・・・。



さてさて、昨日は大宜味村大兼久でハーリーという

お祭りが行われました。

梅雨の時期でしたが、昨日は無事晴れました。

ハーリーは漢字で爬竜と書きます。

ハーリーは、爬竜船(はりゅうせん)と呼ばれるボートで競漕し、

航海の安全や豊漁を祈願するお祭りです。

大宜味村大兼久では3つの地域に分かれて競い合いました。

東ン門(あがりんじょ)、中ン門(なかんじょ)、

南ジマン門(みーじまんじょ)です。

選手は全員男性ですが、若い子からおじさんまで

年齢はバラバラでした。

漕ぐときは、オールを使って「はぉい!はぉい!はぉい!・・・」

とみんなで声を上げて漕ぎます。

昨年は笑味の店の地域である「東」が勝ちましたが、

今年は「中」が勝ちました。

笑子さんいわく、

「こんなジグザグな方向の定まらない競漕は、

私が嫁いで以来初めてだよ。

ハーリーを初めてする人が今年は多かったのかねぇ。

この競漕はみんなで息をそろえることが重要だからね。

でも、今年は楽しい競争だったね。」


お祭りの後は、大兼久公民館で打ち上げが行われたようです。

WWOOFer邸の近くなので、会場の盛り上がりの様子が

聞こえていました。

95歳を超えている、すみおばぁの百歳節の歌声も

聞こえました。

a0234178_1055616.jpg


a0234178_105636.jpg


a0234178_10562641.jpg


a0234178_10563959.jpg

[PR]
by eminomise | 2015-05-31 10:58
『第12回 おおぎみの工芸展 ... >>